2018年12月24日

入江さんの後ろの謎の2人。明日は2018年の終い天神。

fuji.jpg今日からちょっと寒さが増しましたが、空気が澄んで気持ちの良い晴天の京都です。
毎年この時期、私あさひにはクリスマス気分はほとんどなく、今年もいよいよ終い天神や!と天神さんの準備でいっぱいいっぱいです。
明日25日の終い天神も良いお天気になりそうです。
寒さ対策をしっかりして暮れの雰囲気をお楽しみください。
25日は画餅洞10時OPENにてお待ちしております。
12月中旬から奈良、東京、沼津とセリがぱたぱたと続いていて、新商品なかなか豊富です。
皆さまのお越しをお待ちしております。

さて、小さな謎に思ってはった方もいらっしゃるかもしれませんが、今回ソレが明らかに。
というほど大げさな話でもありませんが…。
入江敦彦さんの新潮社WEB連載「御つくりおき」。
今回の第19話で画餅洞をご紹介してくれたはります。

内容に関しましては、入江さんの文を読んでいただくのが話が早いので、こちらのリンクからどうぞ。<19 ご縁は金継ぎ。西陣の骨董店「画餠洞」で無理を繋いで形にしていただく
「拾喰(ひろいぐい)」をお渡しした時に入江さんがとても喜んでくれてはって、以来ずっと可愛がって使ぅてくれてはるお話をお聞きする度、こちらも大層うれしく思っておりました。
今回改めて入江さんが長文で「拾喰」に懸ける愛情を物語ってくれてはるのを拝読し、こちらもとてもうれしく、ぽわんと温かい気持ちになりました。ありがたやぁ〜。
入江さんからの宿題とそれに対して自分で見出した無茶な回答に苦悩した服部チャーミング王子も報われますわぁ。
ずっと言うてはりますけどね、「もぅよぅやらへんけどなぁ…。」って。

で、謎の件ですが、入江さんの御つくりおき連載が更新される度に毎回アップされるお馴染みのカバー画像。
もちろん入江さんは判るけれど「この後ろの2人、一体誰やねん?」と思ってはった方が少なからずやいらっしゃったのでは?
今回の画餅洞を紹介してくれはった19話で、ようやくじゃじゃじゃーんタネ明かしでした。
じゃじゃじゃーん、というほどの2人ではなくて恐縮ですが、画餠洞にて「拾喰」を入江さんにお渡しした際の記念写真です。
撮影者の方も含めいろんなご縁もあって、私たちもとても気に入っている写真ですが、ずーっとカバー画像に使ってくれてはって入江さんが気に入ってくれたはるご様子が伝わって来て、羞恥プレイながらも本当にうれしく思っております。
写真ん中では歳とらへんまんまやし。

それでは明日の終い天神、皆さまのお越しをお待ちしております。
また、26日はCLOSEですが、年内は28日までOPENです。
12/27はお昼過ぎ〜19時まで、12/28は16時〜19時までの営業です。
新年は毎年恒例で時短営業ながら元旦からOPENしております。(1/1〜1/3、14時〜18時くらい。)
どうぞよろしくお願いいたします。

画像。デジカメ手振れ王のハットリさんの奇跡の一枚。
ハットリさんの見事な富士山への遭遇率とi phoneとの相性にはつくづく驚かされます。


posted by papindo at 18:57| Comment(0) | お知らせ・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。