2012年05月18日

京都こっとうさんぽ

kotto-sanpo.jpg発売から少し日にち経ってしまいましたが、
「京都うつわさんぽ」に続き、今回は京都の「こっとう」屋さんオンリーの本ができました。
沢田眉香子さん、山口紀子さん著「京都こっとうさんぽ」。
光村推古書院から刊行されています。
画餅洞も掲載していただいております。



画像の本、画餅洞にて読み込んでしまいちょっとやれた感じになってしまっていますが…
こっとう屋さんの紹介だけではなく、コラムやおもしろこっとうカタログなど、「こわくないこっとう」という、従来の骨董本とは違うアプローチのされたかたをしていらっしゃいます。
「骨董屋なんてコワくてとてもとても…」と思っていらっしゃる方にも、お好きな方にも、気軽に楽しんでいただけるお店が盛りだくさんです。

見ているだけでも楽しい本ですが、
この本片手に京都こっとうさんぽ。おすすめです!
posted by papindo at 17:14| Comment(0) | お知らせ・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。