2006年08月09日

大きな虫歯とルネ・ラリックと

大きな虫歯Lalique SAINT-NOBOR








カオスです。
暫くアップしていなかった間に、画餅洞、ますますカオス渦巻いてます。

こんな組み合わせ、許して頂けますか?


画像左
「大きな虫歯の兄弟」
ご覧の通り、古鉄民具です。
農家で使われていた鍬の先端部分。

はい、仰る通りはっきり言って何の役にも立ちません。

でも、いい味出てます、この鉄味。
これがまた白壁に格好良く映えるんです。
モダンです。
しかも形が人体っぽくて、二つ並べると兄弟みたいでちょっとかわいいです。

左の虫歯:高さ約39p 幅約14p
右の虫歯:高さ約44p 幅約14.5p


画像右
「René Lalique  "SAINT-NABOR"
 ルネ・ラリック   "サンナボール"   1926年」


高さ:8.7p 幅:5.3p

画餅洞好み、ラリックのサンナボールという名のリキュールグラス。

ステム部分は太く、黒エナメルで紋様があしらってあり、どっしりとした印象。
対して、グラスの形、模様の形自体は優しい曲線。
シンプルながら重厚感と柔らかさを兼ね備えた一品です。
美しい。
posted by papindo at 19:15| Comment(4) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、ふらりと店頭に足を踏み入れるとそこにはとても落ち着くセンスの良い空間がありました。店主の人柄がまたお店に大変マッチしていて、たちまちお店のファンとなりました。好きなことを本当に大切にしながら生活を営まれているようで、また自身の励みにもなりました。また京都を訪れる際にはお店に行きます。それまでどうぞ皆さんお元気で。(器を3点買ったカップルより)
Posted by 器を3点買ったカップル at 2006年08月15日 10:23
ご来店どうも有難うございました。
またお近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
偏りすぎた仕入で店つぶさない様頑張ります(^^;)
Posted by ぱぴんどう at 2006年08月21日 16:19
朝日さん、ご無沙汰しております!お元気ですか?
焼き物もいいですが、ガラスもやっぱイイですねぇ。
素直に、そう思います。

先程気付いたんですが、こちらのHPのある写真の中に
幻の銘酒(笑)「骨董屋」が写っているではありませんか!!

大分ウレシイです☆☆

来週に、久々の上洛を果たす予定ですが
お邪魔できません、残念です。。。
着物姿の朝日さんにお会いしたかったのですが。
でもデモ、来月も京都行くんです!その際は、是非…何とか…

Posted by マツシマリョウ at 2006年09月05日 20:06
>マツシマさん
お元気そうで何よりです。
相変わらず毎月1〜10日以外は不定営業ですが、
最近はそれ以外でもOPENしていることが多いのでHPでチェックしてみて下さい。
またご都合が合うときがあれば、是非に元気なお姿見せにきて下さいね。
「骨董屋」の御恩は忘れませんよ!
Posted by ぱぴんどう at 2006年09月06日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。